「中古物件+リフォーム」にはどんな費用が必要?|三井不動産グループの住まい選びサイト - 三井のすまいモール


「中古物件+リフォーム」にはどんな費用が必要?

物件価格やリフォームの資材・工事費に費用が掛かることはもちろんですが、その他にも諸費用が掛かることがあります。どんな費用が必要となるのか、概要を確認しておきましょう。

物件購入とリフォーム計画は同時進行が理想的

初めからリフォームを前提にしてマンションを購入するなら、仲介とリフォームの両方について相談できる会社に頼むか、あらかじめリフォームの依頼先を決めておきましょう。リフォームでどんなことが可能か、物件を選ぶ時点で相談できれば、購入の判断材料になるのはもちろん、資金計画の面でも重要です。

その物件の価格とリフォームにかかるおおよその工事費を同時に検討できるので、両方のバランスを見ながらベストの選択を探ることができます。

中古物件+リフォームにかかる費用

物件価格 中古物件の価格です。消費税は、個人が売り主の場合はかかりません。
物件購入に関わる諸費用

物件価格の5~8%が目安です。内容は仲介手数料や司法書士報酬などです。

物件購入に関わる税金について 詳しくはこちら
リフォーム工事費 使用する資材や設備によって大きく増減します。設計費用は業者によって工事費に含まれる場合と、別に請求される場合があるので確認が必要です。
リフォーム工事に関わる諸費用 リフォーム工事期間中、工事用車両を止めておくスペースがない場合の駐車場代や、建築申請の書類作成料や申請手数料などを請求される場合もあります。

リフォームのこと、何でもお気軽にお問い合わせください。
リフォーム実例やメンテナンスなど目的別のものまで、カタログも豊富にご用意しています。

関連コンテンツ


三井のすまいモールとは

詳細はこちら

便利な機能

会員登録はこちらから
すまい探しがもっと便利に新着情報メールをお届けします。

mail

新規会員登録はこちら

オンライン相談サービス

すまいに関する
ご相談を24時間
無料で承ります。
頂いたご相談は
メールでご回答
いたします。

「三井のすまいモール」
店舗のご案内

専門のコンシェルジュが住まいのご相談(無料)をお受けします。 ぜひお気軽にご来店ください。

目黒店

横浜店

武蔵小杉店

お役立ち情報

  • ローンシミュレーション
  • 住まいの検討ステップ
  • 住まいの必要資金
  • 住まいの税金知識