賃貸管理会社の審査内容とは?

賃貸物件募集サイト等で部屋探しを行い、希望に見合う部屋が見つかったら、賃貸管理会社で入居申込み手続きを行います。しかし、申込み手続きを行った段階では賃貸契約は成立していないため、まだ入居できるとは限りません。賃貸借契約は貸し手と借り手の同意があって初めて契約が結ばれるため、借りる側の一方的な希望だけでは部屋を借りることができないからです。

申込み手続きを行うと、保証会社や賃貸管理会社、大家さんの審査を受けなければなりません。必要書類の点数も多いため、準備も早めに取りかかることが大事です。今回は、賃貸住宅の契約で行われる入居審査についてご説明します。

賃貸住宅の入居審査とは?

賃貸住宅の入居審査は、「安心して部屋を貸せる人かどうか」を判断するために行われます。敷金や前家賃などの初期費用を用意さえすれば入居できるというものではありません。家賃滞納をしないか近隣トラブルを起こす可能性がないかなど、さまざまな面を考慮し、部屋を貸して問題がない人であるかを審査します。

入居審査のパターンはふたつあり、「家賃保証会社が行う審査」と「大家もしくは賃貸管理会社が行う審査」です。賃貸管理会社によって、どちらか一方だけ行っているケースもあれば、両方とも行っているケースもあります。それぞれの方法について解説していきます。

家賃保証会社の審査

保証会社が付く賃貸物件では、家賃保証会社が入居審査を実施します。保証会社の役割は、家賃が払えない入居者に代わって、家賃を立て替えることです。あくまで立て替えであるため、その後入居者に対して保証会社が家賃の督促を行います。

家賃の滞納が発生すると、まず保証会社が滞納分の家賃を負担します。オーナーにとっても保証会社にとっても、家賃の滞納は避けたいものです。家賃支払いに問題がありそうな人は、家賃の支払い能力の有無も含めて厳格にチェックされます。

また、保証会社付きの賃貸物件に入居する場合は、保証料を支払うのが一般的です。これは万が一、家賃を滞納したときの保険のようなものです。賃貸管理会社やオーナーからみても、保証料を払ってくれるほうが安心のため、家賃保証会社への加入を条件とする賃貸管理会社が多いことは間違いありません。

大家・管理会社の審査

大家さん・賃貸管理会社の審査では、まず賃貸管理会社が入居申込書の内容をもとに審査をし、最終的に大家さんが承諾してはじめて入居が許されるという流れとなります。

入居申込書には、氏名・住所・勤務先・収入などを記載します。書類内容をみて間違いや問題がないかを賃貸管理会社と大家さんがダブルチェックします。

賃貸管理会社によっては、連帯保証人や勤務先に直接連絡し、記載内容に間違いがないか確認するところもあります。入居希望者からすればプライバシー情報なので嫌がる方もいますが、大切な財産を貸す大家さんからすれば、慎重にならざるを得ない側面もあるのです。

入居審査の方法

入居審査では、次の書類の提出が必要となります。

入居審査に必要な提出書類
  • ・身分証明書(免許書・保険証・パスポートなど)
  • ・収入証明書
  • ・住民票(同居人がいる場合は全員分)
  • ・預貯金通帳のコピー(預貯金審査が必要な場合)
  • ・連帯保証人の身分証明書
  • ・連帯保証人の収入証明書

提出を求められる必要書類は、審査を行う賃貸管理会社や保証会社によって異なります。賃貸管理会社によっては課税証明書や、駐車場を借りて車を停める場合は車検証のコピー提出なども求められたりします。連帯保証人の印鑑証明書も提出しなければならないケースもあります。入居審査に必要な書類は面倒でも取りそろえる必要があります。

入居審査に要する日数は?

入居審査から結果が出るまで、はやくて当日、遅くて1週間前後です。家賃保証会社の審査の場合、入居審査が午前中に行われれば午後には結果が通知されることもあります。先述のとおり、賃貸管理会社によっては連帯保証人や勤務先に電話をかけて確認するところもあるため、つながらなかったり電話に出なかったりされると審査も滞ってしまいます。回答を早く得たい場合は、事前に連帯保証人へ一言連絡しておくとよいでしょう。

また、入居申込書の記載に不備があったり、大家さんとの連絡が取れないため承諾に時間が掛かる場合もあります。もし、事前に担当者から聞いていた日数が経過しても連絡がない場合には、賃貸管理会社に連絡を入れて確認を取ることをおすすめします。

審査前はここをチェック

中には入居審査に落ちてしまう方もいらっしゃいます。希望物件への入居をかなえるためにも、審査前は次の点をチェックして審査で落とされないようにしましょう。

安定収入を証明する

そもそも年収と家賃が釣り合わないような、グレードの高い物件に入居を申し込もうとしても、審査通過は困難でしょう。自身の年収だけでは審査に通る自信がない場合は、預貯金の残高を審査材料として提出するなど家賃支払い能力をアピールすることが大切です。

必要書類に不備がないよう事前確認

提出書類が欠けていた、書類に記載ミスがあったなどの不備があれば、審査に落ちても不思議ではありません。提出前に記入ミスや不足がないか入念にチェックしましょう。また、虚偽の報告もしないようにしましょう。虚偽の度合いによっては最悪の場合、裁判にまで発展することもありますので注意してください。

必要書類について不安があれば、きちんと理解するまで賃貸管理会社に確認することをおすすめします。

まとめ

どんな物件と契約を結ぶ場合も、入居審査は欠かさず実施されます。どのような人が通過してどのようなことで落ちるのかを把握しつつ、万全の態勢で審査を受けましょう。主には契約者の収入や連帯保証人の有無で審査がされますが、近年では家賃保証会社の加入を必須としている賃貸管理会社が増えています。契約者としては、保証料を支払う代わりに連帯保証人が不要になるなどのメリットもあります。お互いが安心して貸せる・借りれるためにも、審査時は正確な情報を提供することが必要です。

三井不動産グループの
住まい情報をまとめて検索

三井のすまいモール

三井のすまいモールは、三井不動産グループ各社の住まい情報をまとめて検索できます。「買いたい、借りたい、建てたい」など新たな住まいを求めている人にも、今の住まいを「リフォームしたい」人にも、「売りたい、貸したい、運用したい」といった住まいの活用を考えている人にも、最適な情報をご提供します。

読んで発見
すまいのヒント

読んで楽しい
くらしのコラム

すまいモールの物件検索(売買)

すまいモールの物件検索(賃貸)