初夏はカジュアルに、"おうちでアウトドアランチ"。

〜「がんばらない」と「ステキでいたい」を両立できるエアリーな暮らしのコツ〜

家族も友人も、みんなが心地よく過ごせるエフォートレスな暮らしづくり。「THE AIRY LIFE」は、「がんばらない」と「ステキでいたい」を両立させるティップスを毎回ご紹介しています。

新緑がまぶしい初夏。明るい日差しに誘われて、アウトドア気分が高まります。「では、おうちでアウトドアランチはいかが?」と提案してくれたのは、おしゃれで心地よいおもてなしの達人、フードコーディネーター・スタイリストの黒田佑佳さん。今回は半戸外空間の「ラナイ」にご近所のお友達を呼んで、ちょっとカジュアルなランチを。ちょっとしたアイデアでおしゃれにできる「THE AIRY LIFE」流の簡単ランチレシピを教えていただきました。

いつもの空間に、アウトドアの空気感を。

152_content_01.jpg

152_content_02.jpg

テラスやお庭でのランチも素敵ですが、三井ホームがおすすめしているのがラナイのある暮らしです。ラナイとは、外へと広がる半戸外のアウトドアリビング。リビングとテラスがフラットにつながっているので、日常の延長線上でアウトドア気分を楽しめます。「外につながる空間で、風を感じながらランチを楽しむ。その非日常感にみんなワクワクするんです」と黒田さんは楽しそう。「キッチンからできたてのお料理を運べますし、キリッと冷えたドリンクやデザートをお出しできるのもラナイならでは」。その時に大切にしたいのが居心地のいいカジュアル感だそう。「自然体で過ごせる雰囲気づくりです。お料理は大皿から自由に取っていただく。近所のパン屋さんで焼きたてのクロワッサンを買ってきて、そのままテーブルへ…というのもすごく盛り上がります。そんな気取らなさが楽しい」。帰りの時間を気にせず、のんびりくつろげるのも魅力ですね。「夕暮れになったらランタンに灯をともして。いつもの空間にちがう景色が広がるって、とっても贅沢ですよね」。

海を感じるネイビーをアクセントカラーに。

152_content_03.jpg

152_content_04.jpg

「自然の光や風がたっぷり入る空間だから、ナチュラルカラーを意識したコーディネートがおすすめ」と黒田さん。「ウッドテーブルがあれば、ぜひそれを。ガーデニングのグリーンを背景にして、ネイビーのテーブルランナーで海の気配をプラスすると、涼やかで落ち着いた印象になります」。これだけで気分が上がってきました! さて次は?「ガラス食器にみずみずしいサラダやフルーツをたっぷり盛り付けて。テーブルフラワーみたいに華やかで、初夏らしい彩りが演出できます」。「メインは野菜たっぷりのキッシュ。ローズマリーの爽やかな香りとこんがりチーズが食欲をそそります。焼きたてを取り分けるのもイベントのひとつ。大人はスパークリングワイン、お子さまはフレッシュジュースで乾杯を。アウトドアでは味わえない贅沢感が会話までおいしくしてくれます」。これは、おうちアウトドアにはまりそう! この週末にさっそくトライしませんか?

152_content_05.jpg

152_content_06.jpg

「THE AIRY LIFE」の達人
黒田祐佳 YUKA KURODA

フードコーディネーター、スタイリスト。「ル•コルドンブルー東京校」「リッツ•エスコフィエ•パリ」にてフランス料理•菓子•パンを学ぶ。レストランやカフェなどのオープニング企画やメニュー開発を手がけるほか、TV番組や雑誌におけるフードコーディネートや料理教室など、多岐にわたり活動。