"おうちピクニック"で、幸せな初夏の休日。

「がんばらない」と「ステキでいたい」を両立できるエアリーな暮らしのコツ

家族も友人も、みんなが気兼ねなくくつろげる家は、どんな家でしょうか。「THE AIRY LIFE」は、「がんばらない」と「ステキでいたい」を両立する、暮らしのコツをご紹介していきます。
心地よい風と光を感じたい季節。さあ、窓を開けてテラスに出て、親しい友人夫婦と“おうちピクニック”を楽しみませんか?海外の避暑地へ旅するのもいいけれど、おうちのテラスなら愛犬も一緒にリラックス。手軽におしゃれに避暑地気分が満喫できる秘訣を、今回もおもてなしの達人、フードコーディネーター・スタイリストの黒田佑佳さんにお聞きしました。黒田さん直伝の簡単ピクニックレシピやおすすめアイテムを交えてご紹介します。

お気に入りを運んで、テラスをリラックス空間に。

155_content_01.jpg

155_content_02.jpg

「おうちピクニックはテラスですぐに始められるので、気軽に楽しめるのがいいところ。お気に入りのクッションやラグ、ブランケットなどを運べばリラックス空間がすぐに完成します」。親しい友人夫婦がゲストだから、肩肘張らない居心地のいい雰囲気が一番ですね、と黒田さん。ではピクニック気分を演出するマストアイテムといえば?「バスケットです!ドリンクやフード、デザートをバスケットに詰めると、テラスがたちまちピクニックムードに早変わり。普段から室内で使っている籐アイテムなどをぜひ持ち出してみて。いつものテラスが夏らしく爽やかな雰囲気にトーンアップできます」。ブリキのバケットをドリンククーラーにしたりガラスの器にフルーツを盛ると、質感の違いがアクセントになってセッティングに奥行きが出せるそう。こんなにおしゃれで遊び心のあるピクニックなら、とっても幸せな気分になれますね。子どもの気分に戻って、おしゃべりも盛り上がりそうです。

“おうちピクニック”ならではの新鮮&ひんやりメニュー。

155_content_03.jpg

155_content_04.jpg

黒田さんおすすめのピクニックメニューは?「プロシュット・コットやパテを挟んだバケットサンドは手軽に食べられるのでおすすめです。また、本当のピクニックでは難しい生クリーム入りのフルーツサンドや、足の早い食材、フレッシュな果物を使ったメニューなど、普通はあきらめてしまうレシピも自由に楽しめます」「しめくくりは冷たくて溶けやすいひんやりデザート。完熟マンゴーのゼリーや、ブルーベリーを乗せたレアチーズケーキも“おうちピクニック”ならではですね」。そして器にもひと工夫するのが黒田流。「大人が集まるピクニックだからクラス感も大切。ウッドプレートや木製ケーキスタンドなどを使ってアウトドア気分をおしゃれに気持ちよく演出しましょう」。大きなウッドプレートに盛り付けてアペタイザー風に並べると、目も舌も肥えた友人たちを魅了できそう。これで準備は万端。さあ、おうちピクニックへようこそ!

155_content_05.jpg

152_content_06.jpg

「THE AIRY LIFE」の達人
黒田祐佳 YUKA KURODA

フードコーディネーター、スタイリスト。「ル•コルドンブルー東京校」「リッツ•エスコフィエ•パリ」にてフランス料理•菓子•パンを学ぶ。レストランやカフェなどのオープニング企画やメニュー開発を手がけるほか、TV番組や雑誌におけるフードコーディネートや料理教室など、多岐にわたり活動。