Relife mode

おじいちゃんとおばあちゃんが一番しあわせだった日 | 神楽坂で息子夫婦と一緒に喫茶店を営む平岡さんご夫婦

img_text_01

―お二人の一番しあわせだった日を教えてください。

prof_oj伸三さん
20年前にお店を始めるまで、ここで設計事務所をしていました。だから、この街にはいたけれど、街の人との付き合いは濃いほうではなかったんです。でもお店を始めてから、お客さんはもちろん、勝手口に到来物が届くなど、自分たちの生活が街に溶け込んだことを実感できるのが毎日しあわせでしたね。神楽坂でお店をやっているから、芸者さんがお昼に来てくれることも。ある日、用事があって信号待ちをしていると、交差点の向かい側に見覚えのある芸者さんがいて、目が合ったんです。するとすれ違うとき、その方が差していた日傘でさりげなく日舞の動きをして。言葉は交わしていないけれど、この街らしい素敵な挨拶でした。お店の外でもお客さんと出会って素敵な挨拶をしてもらう。この街らしい非日常が経験できることは嬉しいね。

img_text_02

prof_ob好美さん
こうやってお店を始めてから、20年来の友人が来てくれた日がありました。学生のときからの友人で、電話では話してはいたけれど、もう10年以上は会っていませんでした。その友人が5~6年くらい前に初めてお店に来てくれたんです。その日は週末だったから、私は忙しくてカウンター越しにコーヒーを淹れながら、3時間くらいお喋りしました。それから年に何度かお店に来てくれて、他愛もない会話をしたり、昔話をして笑ったり……。なんてことはないけれど、とてもいい時間です。そうやって少し疎遠だった友人とまた繋がることができたのは、このお店のおかげです。友人でも、お客さまでも、それが何年ぶりであっても、うちを思い出してくれて、「コーヒー飲みに来たわ」って言って、ここで時間を過ごしてくれることが何よりしあわせですね。

img_text_03

—ご夫婦の馴れ初めを教えてください。

prof_oj伸三さん
最初に勤めた設計事務所で、男女数人で牧場へ出かけたときです。
prof_ob好美さん
私の友人がその会社で働いていてね。でも、そのときはほとんど話しませんでした。
prof_oj伸三さん
帰りの電車で一緒のボックス席に座って、少し話したくらいだね。
prof_ob好美さん
それから、グループでご飯やお茶を飲みに出かけて、だんだん二人で会うようになって……。よくあるパターンですね(笑)。
img_text_04お店を始めた当時の平岡さんご夫婦

—お店を始めたきっかけはなんですか?

prof_oj伸三さん
建築やデザインの仕事をここでやっていたんだけど、電話がないと仕事が来ないからね。それで、大好きなコーヒーのお店をやりながら、仕事をやってもいいかなって思って始めたよ。
prof_ob好美さん
私も喫茶店が好きだったから、反対はしませんでした。結婚する前からずっと喫茶店を始めたいって言っていましたからね。
prof_oj伸三さん
始めた当時は、不安も特になかったね。自分の空間を作れるってことが、おもちゃ箱をいじっているみたいで楽しかった。
prof_ob好美さん
お互いのやりたいことの一つでもあったからね。

img_text_05

—一日の業務の流れを教えてください。

prof_oj伸三さん
掃除のために8時半にはお店に来て、クリーニングと仕込みを開店の10時までに終わらせるようにしています。
prof_ob好美さん
私は午前中に家のことを済ませて、午後からお店に来ます。神楽坂は観光地なので、14時過ぎからお店が混んでくるからそれまでに来るようにしています。
prof_oj伸三さん
そのあと、息子が18時に来て、お店が閉店する23時まで店番をしてくれますね。最近は隣のスペースで土日・祝日限定で息子夫婦がお店を始めたんです。ときどき、ワークショップや演劇、落語会などのイベントも開催していますよ。

—それぞれの作業分担を教えてください。

prof_oj伸三さん
カウンターの真ん中で分けて分担しています。僕は基本的に主となるコーヒーと発注作業を担当していますよ。
prof_ob好美さん
私が奥でケーキやトーストなどフードを作っています。
prof_oj伸三さん
あとは、忙しくなってきたら、その都度お互い助け合いますね。長年夫婦でお店を営んでいると、「手伝って」なんて言わなくても助け合うのが当たり前になってくるんです。
prof_ob好美さん
ほかのお店とかはマニュアルみたいなものがあると思いますけど、私たちはお互い飲食店で働いたことないからね。
prof_oj伸三さん
マニュアルがないのが逆にいいのかも。

img_text_06

img_text_07

—お店のこだわり、おすすめのメニューはなんですか?

prof_oj伸三さん
店内の照明は廃材を利用して、温かみのあるオレンジ色の光に。木造の机はDIYで作ったもの。そのままの形で使って味のある内装にしています。
prof_ob好美さん
お店のおすすめはコーヒーとチーズケーキです。お客さんに出すまでの時間をできるだけ短くして、コーヒーは新鮮な豆で出すように心がけていますね。
prof_oj伸三さん
コーヒーに合うのはチーズケーキって考えがあって、喫茶店の定番メニューにしています。昔からあるものは続いているからこそ、それなりの良さがありますからね。すべて手づくりだから仕上がりに変化があるけれど、工場みたいに一定の物がでるよりは、日によってムラがあってもいいと思うんですよね。

img_text_08

img_text_09Aブレンド(香りと酸味)¥550、チーズケーキ¥500

—お店を営んでいて嬉しかったことはなんですか?

prof_ob好美さん
いろんな人と話せるのは嬉しいですね。「お店があって本当に良かった」「コーヒーがおいしかった」とか話の中でポロッとお客さんから言われることがあるんです。それを聞くとしあわせですね。
prof_oj伸三さん
喫茶店はケーキを食べたり、コーヒーを飲んだりするだけじゃなくて、ここで時間を過ごすことも含めて、お客さんの目的になりますからね。
prof_ob好美さん
自然に話ができる雰囲気づくりを心がけていますし、そういう話をしたくて来てくれるお客さんがほとんどですからね。
prof_oj伸三さん
あと、ここでお店を何年もやっていると、若いお母さんが子どもを連れてきて、その子どもが成長していく姿も見ていけるんです。そういった成長の姿を見守れるのは、喫茶店を営業しているからこそだと思うよ。
prof_ob好美さん
お客さんとして通ってくれていた子がうちの息子と結婚して、最近孫が生まれたの。本当にかわいくてしょうがないわ。

img_text_10

—お客さんにはどんな人が多いですか?

prof_oj伸三さん
神楽坂を観光したあとに初めてお店に来る人や常連客の人まで幅広く来てくれます。中にはお店に来るのが生活の一部になっている人もいて、「ここに来られなくなったらおしまいじゃ」なんて言ってくれるんです。
prof_ob好美さん
最初は神楽坂の人ってすました人が多いと勝手に思っていたんですけど、そういったところはなくて……。みなさん本当にきさくに話してくれます。
prof_oj伸三さん
彼女がお客さんと話しているときに洗い物が溜まっていて、奥に行っても話を続けるお客さんもいるんです。最初はびっくりしたけれど、お店をやっているうちにだんだんわかってきましたね。
prof_ob好美さん
それだけここで話をすることを楽しみにしてくれている人がいるんですよね。

—神楽坂のいいところは?

prof_ob好美さん
どこへ行くにも交通の便が良くて、スーパーやおいしい飲食店がたくさんありますね。
prof_oj伸三さん
ほかにも出版社や有名大学、歴史なども豊富ですね。
prof_ob好美さん
昔は花街だったから、江戸情緒の名残みたいな部分もあります。
prof_oj伸三さん
そういった多様性があって変わり続ける街だけど、昔のものも大切に守り続ける屈強な街だね。
prof_ob好美さん
だけど、開発が進み高層ビルがどんどん増えてきていますね。
prof_oj伸三さん
人気な街だから近代化や企業の商品化が進んでいくけれど、そういったことはいずれ賞味期限みたいに限界が来ると思うからね。僕はここでお店をやりながら、この街の歴史や文化を守っていきたいね。

img_text_11

—夫婦としてのこれからの夢はなんですか?

prof_oj伸三さん
今は定休日の木曜日しか休みがないから、いつかスタイルを変えて、ゆくゆくはゆっくりしたいね。
prof_ob好美さん
今まで二人で出かけることはあまりしてこなかったから、できれば自然のあるところに一緒に行きたいですね。

 

変わり続けていく街だけれど、その中にもしっかりと情緒が残っている。そんな神楽坂でお店を長年営んでいるからこそ、この街の歴史や文化を守っていきたいとおっしゃっていた姿が印象的で、街との素敵な繋がりになんだかほっこりしました。

img_text_12

読んでおきたい
すまいのストーリー

知っておきたい
すまい選びのヒント