Relife mode

料理のお兄さん・リュウジの爆速丼弁当レシピ 子どもに喜ばれる!レンジで調理OKの「オムライス丼」

初めまして。料理研究家のリュウジです!

毎日のお弁当作りって、大変ですよね。少しでもラクして料理を楽しんでほしいなと思って、僕は「丼弁当」というのをおすすめしています。おかずを作ってごはんに乗せるだけで、あっという間に完成しちゃうんです。

そこで、「丼弁当」として、お弁当にぴったりなレシピを紹介していきます。

今回は、お子様も大喜び間違いなしの「オムライス弁当」。副菜とデザート付きの豪華バージョンです! いつもお弁当作りに悩んでいるお母さんにはぜひチェックしてみてくださいね!

◆レンジを使えば失敗ナシ!「オムライス丼」

【材料】
ごはん(温かいもの) 200g
★ウィンナー 2本
★玉ねぎ 1/4
★ピーマン 1個
★ケチャップ 大さじ3
★コンソメ 小さじ1/2
★バター 10g
★塩こしょう 少々
●卵 1個
●マヨネーズ 小さじ1
●塩こしょう 少々
ケチャップ 大さじ1と1/2
ウスターソース 小さじ1

【作り方】

1.ウィンナーは輪切りに。玉ねぎとピーマンはみじん切りにしておく。

2.

平たいお皿に●の材料を混ぜたものを入れ、ふわっとラップをかけてレンジで加熱する(600wで1分30秒)。

すると、こんな感じできれいに火が通ります!

3.

★の材料を耐熱容器に入れて混ぜ合わせる。ラップをかけずに600wで4分間、レンジで加熱。そこにごはんを入れて混ぜる。

4.

器に(3)でできあがったものを盛り、(2)のたまごを乗せる。ケチャップとウスターを混ぜたソースをかければ完成!

フライパンを使わず、全てレンジで調理するので、失敗もなくて簡単ですよね。お弁当はもちろん、簡易オムライスとして普段の食卓に並べるのも○です!

◆ヘタや種も食べられる!「丸ごとピーマンのおひたし」

【材料】
ピーマン 3つ
酒 大さじ1
塩 少々
かつお節 少々

【作り方】

1.

ピーマンを耐熱容器に入れ、その上に酒を投入。ふわっとラップをかけて、600wのレンジで4分間加熱する。

<ポイント>
ピーマンを丸ごとレンチンすると、苦みが取れておいしいピーマンになるんです!

2.

かつお節と塩をふりかければ、完成です!

お弁当の汁漏れ防止のために、味付けにはお塩をチョイスしましたが、めんつゆやポン酢でもおいしいですよ! ヘタや種まで丸ごと食べられます。レンチンしたことによって苦味も少なくなるので、ピーマンが苦手なお子さんには食べてみてほしい一品です!

◆バナナの甘みと塩が合う!「焼き塩バナナ」

【材料】
バナナ 1本
片栗粉 適量
バター 5g
オリーブオイル 小さじ1
塩 少々

【作り方】

1.

バナナはスライスして、片栗粉をまんべんなくまぶしておく。

2.

フライパンにバターとオリーブオイルを入れて熱し、バナナを両面焼く。

3.

塩を振りかければ、できあがり!

焼くだけでできちゃう、おいしいデザートです! お弁当にデザートまでつけるのは大変……と思ってる人には、ぜひ挑戦してほしいレシピ。バナナの甘みに塩気がとても合いますよ。

■まとめ

オムライスは子どもが大好きなメニュー。お弁当のふたを開けて喜ぶ顔が浮かびますよね。オムライスの黄色とピーマンの緑で彩りもばっちり!

もちろん、お子様だけでなくOLさんやサラリーマンの皆さんにもおすすめのレシピです。外食だとどうしても栄養が偏ってしまいがちなので、野菜を気軽に食べることができます! メインの丼と副菜はレンジを使って調理したので、料理に苦手意識のある方も挑戦しやすいはず。

オムライス丼だけ作ってもOKですし、あと1品ほしいときにピーマンのおひたしや焼きバナナを添えてあげるのもいいですよ。

どれも簡単にできるのでぜひ試してみてくださいね!

月2回配信! 会員限定 最新記事、人気記事、おすすめ記事が満載のメールマガジンを配信中! ご登録はこちら月2回配信! 会員限定 最新記事、人気記事、おすすめ記事が満載のメールマガジンを配信中! ご登録はこちら

読んでおきたい
すまいのストーリー

知っておきたい
すまい選びのヒント