Relife mode

困ったときの駆け込み垢!5歳のお悩み相談室

■相談1.「マイルールが多くて夫婦げんかになる」

5歳さん、タイムリーに相談が……今さっき、旦那とけんかしました。私にマイルールがありすぎる、というのが原因です。単純に旦那のルールと違うだけだと思うのですが、いつもマイルールが多すぎると言われるのがつらいです。どのようにしたら、うまくいくでしょうか?(年確されるアラサーさん)

年確されるアラサーさん、こんにちは。なるほど、「マイルールがありすぎる!」と旦那さんによく言われてけんかになってしまうんですね。ずっと一緒にいると、相手の“マイルール的なもの”が気になっちゃったりするんでしょうね。

そもそも人の考えなんてそれぞれ。法を侵さない範囲内で、みんなマイルールで生きているのだと思います。でも、やっぱり結婚するとずっと一緒に生活しなくちゃいけないから、もしも相手が嫌がるのならば、マイルールを改定する必要が出てくるかもしれません。

これは僕のマイルールというか、癖なんですけど、冷蔵庫にある2リットルのペットボトルをラッパ飲みしちゃうんです。ただ、嫁はこれを嫌がって「コップに入れて飲んでよ!」と指摘されます。理由を聞けば、「衛生的な問題だから!」というので、「そうか、たしかに衛生的によくないか」と思い、それから僕は、口をつけずにちょっと離してラッパ飲みするようにしました。本当は口をつけて思いっきりガブガブと飲みたいんです。その方が洗い物も出ないし、合理的じゃないですか。しかし、嫁が衛生的に嫌だと言うならば、僕も口は離します。

これで解決かと思いきや、また嫁に「その飲み方はやめて!」と注意されました。「え? ちゃんと口を離して飲んでるよ?」と答えると、「なんかやだ!」と言われたのです。もはや、衛生面とかそういう話じゃなくて、なんとなく嫌なんだそう。

でも、「なんかやだ!」ということであれば、僕も改善します。今は、嫁の前ではコップに入れて飲んでいます。でも、嫁のいないところではラッパ飲み(口を離すバージョン)でOKということに。これで我が家は一応落ち着いています。

反対に、嫁のマイルールで僕が嫌だと感じる瞬間もありました。嫁はカップラーメンを食べるときに、カップラーメンのフタを最後まで取りません。「捨てるときに楽だから。あと、フタを付けておくと、保温効果があって冷めない気がする」と言うんですが、スープを飲むときにフタが髪につきそうだし、フタの付いている中途半端な感じが僕としては許せませんでした。「本当にやめて!」と結婚して8年間言い続けていたら、最近はフタを取ってくれるようになりました(僕がいないときはまだ付けています)。

僕ら夫婦のお互いのマイルールは、ハタから見れば実にくだらないものですよね。しかし、夫婦の問題って第三者の目から見ると、結構くだらないことだったりするのです。

違う環境で育ったふたりは、出会うまでに体に染み付いたマイルールがたくさん存在すると思います。けれども、冷静に考えてみると、僕は一緒にいるパートナーに嫌な思いをさせてまでゴリ押しすべきマイルールってそんなにないような気がします。今まで無意識でやっていたことでも、相手が「やめて」というのなら、それは合わせた方がいいと思います。もちろん、その中でも「これは譲れません!」というものがあれば、ちゃんと説明して向こうに譲歩してもらえばいいのです。

僕の場合だと、「気になる本は全部買う」というマイルールが存在するのですが、嫁には「こんなに本ばかり買ってどうするの!」と事あるごとに言われてきました。しかし、「この本たちが僕の血となり肉となるのだ!」と言い続けてきたら、理解してくれた(諦めたのかも……?)ようで、最近では何も言われなくなりました。これは僕の絶対に譲れないポイントだったので、尊重してくれた嫁に感謝です。

これらの問題は何よりも話し合うことが大切。でも、もしもそれでも解決しない場合は、折り合いがつくまで静かな抵抗を続けましょう。

ふたりのこれからを遠くから見守っております。

■相談2.「ワンオペ育児になりがちで、イライラしてしまう」

旦那が忙しく、ワンオペ育児になりがちです。たまにストレスが爆発しそうになります。旦那は家にいるときには積極的に家事などをしてくれますが、それすらもムカつくときがあります。かわいい子どもの前で、爆発寸前の私を理解できないそうです。どうすればいいでしょうか。助けてください。 (20代・すもも)

すももさん、こんにちは。育児は大変な面も多いですよね。旦那さんの仕事の忙しさを理解しながらも、イライラして爆発しそうになってしまう……そんなすももさんの状況がありありと目に浮かびます。なぜなら、うちの嫁も同じようになっていることがあるからです。

子育ては自分の思うようにいかないことばかりです。洗濯物は毎日たくさんあるし、お出かけの準備も万端で、いざ出発するってときに子どもは「うんち!」って言い出すし。お着替えを持ってきてないのに服を濡らすし、外食のときに限って不機嫌になるし。

たま~に、最高の笑顔で「大好き!」って抱きついてくるから、すべてがチャラになりますけど、日常的には「ふざけんなよ!」って感じるシーンがめっちゃ多い。わかる……わかるよ!

これは僕が父親としての反省点なんですが、パパって結構いいとこ取りなんですよね。僕も日々仕事に追われて、家では子どもと一緒に遊んで、楽しく過ごすことが多いんです。だから、パパになった男友達と「子どもって最高だよな~」なんて話になるんですけど、それはママに子育ての大変な部分を多く負担してもらっているからなんですよね。僕らパパは、子育てのおいしいところだけいただいている感じがあるんです。これは本当に申し訳ないと思います。

そして、そんな僕が嫁にしてあげられることは「ガス抜き」だと思っています。わかりやすく言うと、ストレス解消です。

僕の仕事が早く切り上がったときには、パートが終わった嫁を迎えに行って一緒にお茶をしたりします。夫婦のちょっとしたデートです。子どもが寝た後には、ふたりで夜のおやつを食べながらドラマを観たりします。ちょっとしたことですが、ふたりでゆっくり過ごせる時間は楽しいです。

以前は、ひとりの時間も大切かと思って「子どもたちを見てるから、ひとりでショッピングでも行ってきなよ!」と嫁に外出してもらうようにしたのですが、なぜか手ぶらで帰ってくることが多くて。よくよく話を聞いてみると「ひとりよりもふたりがいい……」とのリクエストがあったので、それからは少しの時間でも夫婦でデートすることにしました。

僕は子育てには、怒りの感情との向き合い方が大切だなって思うんですよね。ちょっとのストレスなら、我慢できるものです。しかし、その怒りはちょっとずつ蓄積されて、風船のようにどんどん膨らんでいきます。そして、その怒りの風船がパンパンになったときに、ちょっとしたことでも大爆発してしまうのです。よく、男の人は「なんでそんなことでキレるの?」と言いますが、それは結果に過ぎないんですよね。すももさんの旦那さんも「なんで家事の手伝いしているのに怒っているの?」と思うのでしょうが、そのときはすでに風船はパンパンな状態。それで、イライラが収まらないのではないでしょうか。

子育てをしている限り、怒りの元をなくすことはできないと思います。その代わりに、怒りの風船を爆発させないためにガス抜きする方法を考えてみてはいかがでしょうか?

旦那さんとちょっとデートするのもいいと思います。うちの嫁は、ふわふわパンケーキを食べるとストレスが減っていくと言っていました。

ガス抜き方法はひとそれぞれありますが、積極的に探してみてひとりでできないことなら旦那さんに協力してもらってみてはいかがでしょうか?

すももさんが笑って過ごせる日々を遠くから願っております。

■まとめ

夫婦生活は楽しいときもあれば、うまくいかないときもありますよね。今回、2つの相談に対して感じたのは「結婚って自分の思うようにならないよな~」ということ。“家族”ってことで、ひとくくりにまとめられちゃうけれども、それぞれ別々の考えがある人間。一緒にいると、絶対にストレスに感じる部分は出てくるんですよね。だからこそ、それをどうやって解消するかという話なんだと思います。

子どもは、ある種ワガママを言う特権がありますから、そこは一旦置いておきしましょう。団体生活をする上で生じるストレスを夫婦間でどうやって分担するかってことですよね。僕は、きっちりと半分に割らなくていいから、余裕のある方が大目に担ってあげたらいいような気がします。

家族といえども、他人です。ややドライな言い方ですが、そう思えば逆にもっと気を遣ってあげられるんじゃないかなと思います。

月2回配信! 会員限定 最新記事、人気記事、おすすめ記事が満載のメールマガジンを配信中! ご登録はこちら月2回配信! 会員限定 最新記事、人気記事、おすすめ記事が満載のメールマガジンを配信中! ご登録はこちら

知っておきたい
すまい選びのヒント

読んでおきたい
すまいのストーリー

すまいモールの物件検索(売買)

すまいモールの物件検索(賃貸)