注文住宅実例:静岡県 免震住宅の家

美しさの中に強さを秘めた快適免震住宅。

ここは富士山を正面に遠望する眺望の良さに加え、幼稚園や小学校も至近距離。より快適な暮らしのため、住み替えを検討していた時にご主人が出会った理想の土地です。もうひとつ、ご主人がこだわっていたのは「地震に強い」住まいづくり。「静岡県は東海大地震の発生が予測されるエリア内であり、納得のできる耐震性のある家にしたいと思っていました。調べると最近の建物はまず倒壊する心配はないことが分かったのですが、強い地震の際はいかに耐震性の優れた建物でも大きく揺れて、その恐怖感が後々まで残ります。子どもたちには絶対にそんな思いをさせたくないので、注文住宅で地震の力を大幅に低減して揺れを抑える住まいを作りたいと強く思いました」

そこで“免震システム”を前提に建築プランを立てましたが、この住まいからは“免震住宅”という言葉から受けるいかめしいイメージは全くありません。全館空調、曲線の多用、エコフィニッシュの塗り壁・天井仕上げに、設計やインテリアの工夫も盛り込み、五感で心地よさが感じられる住まいになっています。

ご主人は新居に移ってから「忙しいからこそ家で過ごす時間を大切にしたい」と、週休2日を厳守し、休日の夜は和室で家族そろって食事をするのが慣例になったとのこと。新しい住まいは大きな安心と快適、そしてより楽しい暮らしをもたらしたようです。

敷地面積
402.22m2(121.67坪)
延床面積
225.68m2(68.26坪)

免震装置は外からその存在がわからないようにデザイン的にも美しく処理されている。