「賃貸と購入」徹底比較

賃貸と購入、どちらがいいのか?ライフスタイルにも大きくかかわる決定だけに、慎重に判断したいところです。それぞれの特徴を徹底的に比較しました。住まい選びの参考にしてください。

物件・設備比較

物件の特徴や設備、構造など、「ハード」面について比較しました。

比較結果

  • 賃貸
    • 自分のライフスタイルに合った物件に住むことができる。
    • 家族数の変化や転勤などがあった場合でも、手間を掛けずに転居できる。
  • 購入
    • 設備が充実している。
    • リフォーム等で室内を自由にアレンジすることができる。(マンションの場合、管理規約等の制限があります)
    • 食器洗い乾燥機や床暖房・ディスポーザーなど、充実した設備が備わった物件が多い。

契約・コスト比較

価格や諸費用、コストに関わる契約形態など、「お金」面について比較しました。

比較結果

  • 賃貸
    • 購入に比べ、初期費用が安い。
    • 家賃・共益費以外に固定資産税などの負担がない
    • 決めてから引越しまでの期間が短く、臨機応変な対応ができる。
    • 購入するエリアを知るために、まずは賃貸に住むなど、仮住まい感覚で住まうことができる。
    • 設備に不具合があった場合でも、オーナーがメンテナンスをしてくれる。
      (通常使用で不具合が発生した場合)
    • 資産価値(社会情勢や地震の影響など)を考慮せず、住みたい場所に住むことができる。
  • 購入
    • 支払った分、自分の財産になる。
    • 老後の住まいのために貯蓄をする必要がなくなる。
    • 万が一、家計を支える方が亡くなった場合、ローンがなくなる保険に加入することができる。(審査が必要です)