「新築物件と中古を買ってリフォーム」徹底比較

新築物件と中古物件には、それぞれメリットとデメリットがあります。ポイントごとにどこが違うのか徹底的に比較しました。 住まい選びの参考にしてください。

物件・設備比較

物件の特徴や設備、構造など、「ハード」面について比較しました。

比較結果

  • 新築物件
    • リビング/居室は、家具を置いた場合をイメージ(メジャーを持参すると便利)。
    • キッチンなどの設備も最新の機器である場合が多い。
    • 地震対策や防音仕様など、時代のニーズを汲んだ商品であることが多い。
  • 中古を買ってリフォーム
    • 豊富な物件情報の中から、希望にあった物件を探すことができる。
    • 気になる部分だけ、リフォームをすることができる。
      また全部リフォームをすることで、室内は新築同様の設備を入れることができる。
    • 比較的安い価格で購入できることから、より自分の希望にあった立地に住むことができる。
    • リフォームすることで、世界にひとつだけの家を手に入れることができる。

日々のくらし比較

周辺環境や毎日のくらしに与える影響など、「ソフト」面について比較しました。

比較結果

  • 新築物件
    • 同世代の方が多く、また引越しが同時期になる場合が多くため、友人を作りやすい。
    • 床の色や間取りなどを、自分の好みにあわせて選べる場合がある。
  • 中古を買ってリフォーム
    • 実際のお部屋を見学して検討することができる。
    • 管理状況などを確認することができる。
    • 眺望や日当たりを確認することができる。

契約・コスト比較

価格や諸費用、コストに関わる契約形態など、「お金」面について比較しました。

比較結果

  • 新築物件
    • 万が一の場合に、売主のアフターサービスを受けることができる。(期間の制約はある)
    • 販売開始前から物件情報が提供されるなど、検討するための時間が長く取れることが多い。
    • パンフレットや図面集、その他設計図などを確認して検討を進めることができる。
  • 中古を買ってリフォーム
    • 必要だと思う設備・仕様だけリフォームすれば良いため、効率的にお金を使える。