60歳からのライフステージを満喫する住まい

活動的でハンディを感じさせない暮らし

活動的でハンディを感じさせない暮らし

東京都港区在住 hide3925さん (60代)

家族構成:おひとり暮らし

都心の住まいを拠点としてアクティブに暮らす

都心の住まいを拠点としてアクティブに暮らす

人生にはさまざまなライフステージがあり、そのステージごとに暮らし方は変化します。hide3925さんは仕事や病気など、自分の変化に合わせて住まいを移り、60歳を機に都心のマンションを購入。生まれつき足が不自由なhide3925さんが重視したものは、部屋数や広さ、豪華さなどではなく、室内の移動のしやすさや通院のアクセスなど、生活スタイルに合うことでした。現役時代は第一線で活躍し、セミリタイアをした今もなお、アドバイザーとして会社に出向いたり、旧知の友人と食事を楽しむなど、自宅をベースにアクティブに暮らしています。

生活の中心はリビング。仕事もここでこなします。前の家の家具は全て処分し、インテリアコーディネーターにお任せで新しい家具を揃えたそう。そのひとつであるガラステーブルは「少し大きすぎるんだよ」と笑いながら話して下さいましたが、パソコンや書類を広げたり、TV画面でスカイプをするときは広々として便利だそうです。

人とのつながりを大切にし、縁に感謝する

人とのつながりを大切にし、縁に感謝する

リビングの窓際やテレビボードの上にはさまざまな写真が飾られていますが、その中で最も目を惹くのが競走馬の写真です。最初から馬に興味があったわけではなく、元同僚が始めた牧場を協力する形で馬主になったことから、趣味のひとつとして楽しむように。可愛らしいブロンドの女の子たちの写真は、海外の友人を通じて知り合い、里親になっているオーストラリアのお子様から送られてきたもの。飾られている絵画も人から贈られたものばかりです。

幼い頃からさまざまな苦労を乗り越えてきたhide3925さんは、「ここまで頑張ってこられたのは、自分を支えてくれる仲間たちに助けられたから」と感じており、経済的に余裕ができた今、自分も人の助けになれればと、ボランティア活動をして社会に貢献されているのです。常に人とのつながりや縁を大切にし、セミリタイア後の毎日を活動的に過ごされているhide3925さんの、生き生きとした暮らしぶりが感じられる住まいでした。

地方へ足を延ばし、馬の成長や活躍を見るのも楽しみのひとつ
hide3925さんの健康を祈って友人が作ってくれたフクロウ象

▶︎ (写真:左)
地方へ足を延ばし、馬の成長や活躍を見るのも楽しみのひとつ

▶︎ (写真:右)
hide3925さんの健康を祈って友人が作ってくれたフクロウ象

人生をちょっと豊かにしてくれる、部屋の脇役たち

現役時代は毎日10数杯。大のコーヒー党で今はこれがお気に入り
サポートをしている海外の学校から贈られた肖像画

▶︎ (写真:左)
現役時代は毎日10数杯。大のコーヒー党で今はこれがお気に入り

▶︎ (写真:右)
サポートをしている海外の学校から贈られた肖像画

訪問を終えて

hide3925さん

hide3925さん

「家」は寝に帰る場所から、人生を楽しむ拠点になりました

若い頃は夢中で仕事をしていましたので、自分にとって「家」は寝に帰る場所、安ければOKという考え方でした。そのときどきの仕事や生活に合わせて賃貸・購入含め転居を繰り返していたのです。セミリタイア後はゆっくり過ごそうと田舎暮らしを考えたこともありましたが、かかりつけの病院にも近く便利な都心で、安心できるマンションに落ち着くことになりました。ひとり暮らしで部屋数も要りませんので、このコンパクトさが自分にはちょうどいいんです。仕事や遊びに出かけてもすぐ家に帰れますし、フットワークも軽くなったような気がします。

三井不動産グループのソリューションで
くらし方からすまいを見つけませんか?
自分らしいライフスタイルのために、
自由にすまいを考える。
お客様の新しいくらしの実現を、
新築、住み替え、リフォームなど、
三井不動産グループの持つ
幅広いサービスでお手伝いしていきます。

すまいとくらし 三井でみつけて