リフォーム実例:東京都 夫婦二人の住まいへ

子どもの独立後に実現した本物の質感に囲まれた暮らし

お子さまが独立された後、同じマンションの他の棟に住戸が売り出されていることを知り、購入。ファミリー向けだった間取りを“夫婦二人の住まい”としてリフォームすることをご決断。部屋数優先のテーマはお子さまの留学先を訪れた際に出会った、素朴で木の温かみを感じる“ニュージーランドの家”。「私たちが欲しいのは、一から作り上げる住まいでした。本物ならではの質感に囲まれた心豊かな暮らし。三井のリフォームプランナーさんが私たちのこだわりをひとつひとつ聞き入れ、丁寧にまとめ上げてくださいました」と、ご夫妻は振り返ります。

L字型のキッチンと、ダイニングをひとつの部屋のようにつなげるキッチンダイニング。北海道のカバ材に、ニュージーランドの写真と同じ「こだわりの茶」の指定色で塗装し、床は本物のテラコッタを使用しました。ルーフバルコニーに通じる窓には木製ブラインド、洗面所はタイル貼りの造作に。洋室2室の間取りを撤去した寝室・書斎・畳コーナーは、白い床でイメージの異なる空間になりました。

「私たちの年齢やライフスタイルに合った住まいづくりが実現できて、本当に満足しています。子どもが独立して改めて夫婦二人になった今、二人のいい距離感が保てる、安らぎの住まいです」とご夫妻。これまでの人生で積み重ねてきたひとつひとつのこだわりを形にし、暮らすほどに心地よさの増す住まいを手に入れることができた充足感に満ち溢れていました。

ご家族構成
ご主人50代、奥様40代
建物構造
マンション/RC
延床面積
99.9m2
リフォーム面積
99.9m2
リフォーム費用
2045万円
築年数
22年

ホールから玄関が見えないように、導線を考慮。